にんじん食堂うずまさ

「にんじん食堂うずまさ」は、京都の太秦(うずまさ)にある珍しい沖縄料理のお店です。

電話…075-864-2690

住所…〒616-8167 京都市右京区太秦多藪町9


「にんじん食堂うずまさ」は、京都の太秦(うずまさ)にある、
おいしい沖縄料理のお店です。
沖縄料理は、珍しい琉球伝統料理、親しみのある沖縄家庭料理、当店ならではのオリジナル料理をお出ししています。くわしい内容は「メニュー」・「料理の紹介」・「沖縄ごはん」・「お店の使い方」などのページでご覧ください。

お食事は「こがね御膳」(3000円)と
「うずまさ定食」(1500円)の2種類のコースがあります。
お子さま用には「お子さまセット」(800円)と「お子さまごはん」(500円)があります。小さいお子さまでも、各自の食事を予約されることをおすすめします。赤ちゃんはその限りではありません。
また、お客様のご希望で、1000円から5000円程度の範囲で、ご予算に応じたお食事・料理を用意することができますので、お気軽にご相談ください。

お食事は完全予約制にさせていただいています。
「こがね御膳」も「うずまさ定食」も料理の品数が多く、ひとつひとつ丁寧につくっているために、準備には時間がかかります。そのかわり予約された時間には、お待たせすることなく、お食事を始めることができます。
客室は洋室(テーブル)と和室(たたみ)があります。どちらも個室としてご利用いただいています。予約されるときにご希望があればお伝えください。ただし、先に予約が入っているときは、ご希望にそえない場合もありますので、予約はお早めにお願いします。駐車スペースもあります。ご相談ください。

定休日は水曜と木曜です。
ただし、お客様のご都合で水曜・木曜でもご利用いただける場合もあります。遠慮なくご相談ください。
営業時間は昼が12時から14時30分まで、
夜が18時から22時までです。


所在地…京都市右京区太秦多藪町(うずまさたやぶちょう)9番地
電話…075―864―2690(FAXも同じ番号です)
メールアドレス…togenuki2003@abeam.ocn.ne.jp
最寄駅…JR「太秦」駅・徒歩約7分(京都駅より各駅停車で14分)
嵐電「太秦広隆寺」駅・徒歩約5分、「帷子の辻」駅(かたびらのつじ)・徒歩約5分
市バス・京都バス「太秦開町」(うずまさひらきちょう)徒歩約1分

予約の方法
ご利用になる「24時間前」までに電話をしてください。お客様と直接、話をしながら相談をしながら利用内容を確認できるので、電話での予約をおすすめしています。
  電話…075―864―2690
人数分のお食事をご予約ください。
予約の際には、次のことをお知らせください。
「月・日・曜日」、「お名前」、「合計人数」、「携帯電話番号(または自宅の電話番号)」、「お食事の種類と数」、「食品アレルギーの情報」、「洋室・和室(たたみ)の希望」、「駐車スペースの利用」
1名様よりご利用いただけます。洋室は6名様くらいまでの利用に適しています。最大20名様くらいまで利用することができます。
料金支払いにカードは利用できません。お酒をめしあがる方は電車・バス・タクシーを利用してください。

「メール」での予約は「3日前」までにお願いします。なるべく早くお返事を送りますが、遅れているようでしたら電話で確認してください。メールでの予約は、上の赤字の内容をコピーして貼りつけて書きこむと便利です。以下のメールアドレスをクリックすれば、メール送信画面が出てきます。
   togenuki2003@abeam.ocn.ne.jp

あるいは「問合せ・予約」のページからフォームを利用して送ってください。

そのほか、なんでもご相談ください。お待ちしています。


●つぎのページ「メニュー」へすすむ

●このページのいちばん上にもどる


ニュース(最新情報)

ニュース

6月5日~7日の予約は電話で

6月5日(日)~7日(火)は

予約メールを受け取ることができません。

たいへん申しわけありませんが、

電話をご利用ください。

電話=075-864-2690

にんじん食堂うずまさ

「右京ワールドミュージックフェスタ2016」

出店します。
「右京ワールドミュージックフェスタ2016」
――世界へのトビラよ、ひらけゴマ!――
2016年3月13日(日) 10:00~16:00
京都市右京ふれあい文化会館
京都市右京区太秦安井西裏町11―6
JR「花園」駅より南へ約300メートル
地下鉄「太秦天神川」駅1番出口より北へ約850メートル
入場無料(一部定員有)
創造活動室・リハーサル室・ロビー・ホワイエ
※アジア圏を中心に年間約5500万人以上の外国人観光客が訪れる国際文化観光都市、京都市。
街中だけでなく、郊外でも多種多様な言葉を耳にする機会が増えました。
この右京・花園でも気軽に世界に触れるチャンスがやってきます!
それが「右京ワールドミュージックフェスタ2016―世界へのトビラよ、ひらけゴマ!―」。
日本、アジア、アフリカ、ドイツなどの個性的な音楽を楽しむ8つのライブステージ、楽器やカポエラなどのミニ体験コーナー、手づくりワークショップ、美味しいフード&ドリンクや雑貨販売など、盛りだくさん!
世界へ通じる『トビラ』が右京に出現する!
「にんじん食堂うずまさ沖縄料理」も「フード&ドリンク・コーナー」で営業します。
10:30~16:00
「ふれあい弁当」…300円
「ふれあいソース焼きそば」…150
「おばんざい」百円均一コーナー…100円
なお、当日と前日の通常営業はお休みさせていただきます。
 

「初春の祝い膳」のご案内

「にんじん食堂うずまさ」の お正月料理
初春の祝い膳
1月9日(土)~12日(火)…昼・夜
※8日から予約の電話・メールをお願いします。
電話=075―864―2690
「初春の祝い膳」2000円
(1)お正月料理プラス沖縄料理
琉球伝統料理の「うじら豆腐」「ウラチキチヌク」
「ミヌダル」「ドゥルワカシー」「ラフテー」
「クーブイリチー」のほか、「沖縄縄産くるま海老」
「あゆの昆布巻き」など。
(2)お雑煮、梅ごはん
京都ならではの白味噌仕立てのお雑煮。
出汁は昆布・かつおぶしに当店自慢の豚出汁も。
(3)そのほかの料理
左より「大根炊き」「たまご焼き」「豆乳豆腐」
「二色いも(ンムニー)」。
「お子さまセット」800円
「お子さまごはん」500円
※料理は日によって多少異なります。
予約をお願いします。
電話=075―864―2690
京都市右京区太秦多藪町9番地
JR「太秦(うずまさ)」、
嵐電「帷子の辻(かたびらのつじ)」「太秦広隆寺」、
バス「太秦開町」
【通常営業】1月15日(金)より
詳細はホームページをご覧ください。
「にんじん食堂」で検索できます。
ホームページからも予約ができます。

12月・1月の営業案内

12月・1月の営業案内
12月の予約は終了しました。
沖縄での仕入れと「おせち」の準備のため、
12月の予約は終了させていただきます。
【1月3が日の営業】
1月1日(金)…昼・夜
1月2日(土)…昼・夜
1月3日(日)…昼のみ
※「初春の祝い膳」2000円・ほか
【正月休み】
1月4日(月)~8日(金)…お休みさせていただきます。
【初春の祝い膳】
1月9日(土)~12日(火)…昼・夜
※「初春の祝い膳」2000円・ほか
【通常営業】
1月15日(金)より

みさき重箱

misaki-15.8.16-01-296kb

「みさき重箱」をつくりました。2015年8月16日。
おにぎり、ラフテー、巻きラフテー、ラフテーたまご、とりもも焼き、豚巻きピリ辛、クーブイリチー、たまご焼き、黒こんにゃく、大根、厚揚げ、ズッキーニ、ミニトマ、オクラ、漬けもの、ちくわ、サラダ

「ひつじ弁当」をつくりました。

8月13日、「ひつじ弁当」をつくりました。1箱・1000円。
ごはん(黒米入り)、たまご焼き、凍りたまご、ハンバーグ、肉団子、大根、巻きラフテー、にんじんグラッセ、黒こんにゃく、紅白こんにゃく、れんこん、クーブイリチー、ズッキーニ、おくら、おから、ちくわ、たけのこ、しいたけ、漬けもの、梅干し、ミニトマト(赤・黄)、飾りにんじん

hituzi-ben-15.8.13-05-238kb

 

「みい弁当」をつくりました。

8月10日、「みい弁当」をつくりました。1箱・1000円。
ごはん(黒米入り)、たまご焼き、厚揚げ、ハンバーグ、肉団子、大根、高野豆腐、とうがん、ラフテー、にんじん、かぼちゃ、黒こんにゃく、れんこん、ゴーヤー焼きかまぼこ、クーブイリチー、おから、ちくわ、たけのこ、しいたけ、漬けもの、梅干し、ミニトマト

mii-ben-15.8.10-01-327kb

「ちゃんぷる~で踊れ!」に当店の料理が

『dancyu』9月号の「にんじん食堂うずまさ」の「ゴーヤーチャンプルー」などが紹介されました。
「えっ! これがゴーヤーちゃんぷる~?と写真を見て驚く方が多いことでしょう。よく見る姿とは違うけれど、そうです! これは誰でもつくれる、目からウロコのおいしいゴーヤーちゃんぷる~なのです。」

1-dancyu-118-119-294kb

「チャンプル~で踊れ!」

月刊『dancyu』(ダンチュウ)の9月号に、にんじん食堂うずまさの料理レシピが紹介されています。118ページから125ページまでの計8ページにわたっての「チャンプル~で踊れ!」という記事です。写真もすごくきれいで、記事の内容もわかりやすくて、おもしろい。写真はスキャンして、後で掲載するつもりですが、書店でぜひ立ち読みしてください。

› more